IT」カテゴリーアーカイブ

相続人が海外に居住している場合の相続税の電子申告

相続人が国内に住所を有していない場合には、税理士を納税管理人として選任し、相続税申告を行うのが一般的である。税理士が納税管理人である場合には、当該相続税申告を電子申告にて行うことができるが、税務署は次の方法を指導している模様。
・利用者識別番号には、納税管理人である税理士のものを用いる。
・申告書の氏名のフリガナ欄に「納税管理人××××(税理士名)」を記載する。
・申告書の氏名欄・住所欄には、相続人本人及びその海外の住所を記載する。

スポットでの相談料のお支払いに、paypay利用できます。

片田会計事務所では、スポットでの相談料のお支払いについて、2020年7月7日よりpaypayが利用できるようになりました。

paypayについては、ご利用者のpaypayの使い方によって、ご利用金額の上限が異なります。詳細は、paypay公式サイトをご覧ください。
https://paypay.ne.jp/help/c0043/